自律神経の病気|大腸がんから体を守るには|早期発見が鍵を握る

大腸がんから体を守るには|早期発見が鍵を握る

レディー

自律神経の病気

女性

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の二つから構成される自律神経のバランスが崩れる事で起きる様々な症状の事です。自律神経によって調整されている身体的機能は多く、代表的なものでは睡眠時の呼吸、発汗機能を始めとした体温調整、血液循環、排泄機能の管理、脈拍調整などがあります。自律神経失調症を発症する原因の半数以上がストレスだと言われています。うつ病やパニック症候群を原疾患として患う事も多く、適応障害として診断される事もあります。ストレス以外の要因としては薬物やアルコールの過剰摂取、更年期障害などを発端とするホルモンバランスの崩れがあります。数は少ないですが、遺伝的要因による自律神経失調症も存在します。

自律神経失調症の症状は、二つの自律神経によってコントロールされていた身体機能の乱れによって引き起こされます。有名なところでは異常発汗、冷え性、頭痛、動悸、血圧の異常な上下などがあります。これ以外にも身体症状では味覚障害、生理不順、過呼吸、耳鳴り、微熱などがあり、精神的な症状では人間不信、情緒不安定、被害妄想、薬物依存などが代表的です。自律神経失調症の治療は内科ではなく、心療内科や神経科で行われます。自律神経失調症の症状が幅広い為、一概に当て嵌める事はできませんが、大抵のケースでは精神安定剤やホルモン剤を始めとする薬物治療や、生活のリズムを正す行動療法が行われます。また東洋医学も積極的に取り入られており、鍼灸や漢方薬と言った手段も有用とされています。